本当に痛い足つぼマッサージはやればやるほどやみつきになる

投稿者: | 2017年8月22日

自分が足つぼマッサージを通い始めたのは仕事の同僚と何か楽しいことはないか、と話していたときに足つぼマッサージの動画を見てマッサージを受けている人のリアクションを見て本当に痛いのか?と興味本位で街のマッサージ屋さんに行きました。
台湾式というタイプの足つぼマッサージで足を洗ったりしてくれるときは気持ちよかったんですけど、オイルを足裏に塗りつけてマッサージされたときはくすぐったい感じで、これなら余裕と思っていたのですが、肝心の痛いツボをやられると悲鳴が上がって我慢しようとして体が緊張して冷や汗も出るようになりました。
お酒を飲む人は胃や腸のツボ、睡眠不足なら生殖器のツボ、そしてスマホ依存症の人がいたら痛いのが首や肩や目のツボなんて刺激はとんでもなく痛いです。
しかし、痛みに耐えてマッサージが終わったときの白湯を飲むとこの健康になるための修行が終わったと自分に言い聞かせて満足したりします。
むくみが取れて歩く時になんとなく足が軽くなった感じと耐え終わった達成感がハマる理由かもしれません。
以来、そのマッサージ屋さんに行くときは世間話をしつつも激痛に耐えて健康になるように通っています。
そして、誰かに足つぼマッサージをしてあげるときはその経験を活かして楽しくやっています。
テレビや動画のマッサージのリアクションは本当なんだ、と自分の体で感じることができましたのでおすすめです。

ホームに戻る