女性でも男性のマッサージ師がおススメな理由

投稿者: | 2016年12月13日

学生時代から慢性的な肩こりがひどく、社会人になってからもPC画面を見ながらの作業が多いので、日々肩こり、偏頭痛と戦っている者です。
経験上、様々なマッサージを受けてきたのですが、最近の私の選ぶ基準は「施術をしてくれるマッサージ師の方が男性かどうか」になってきつつあります。これは決して、私が40歳に手が届こうというのに独身だからというヘンな理由でもなんでもなく、単に「力の加減を好きなように注文できやすい」という観点からです。

あまり強いマッサージを受けると逆効果。またはマッサージ自体を受けない方が良いという情報も、最近では目にするようになりましたが、やっぱり今現在の凝りを手っ取り早く解消し、楽になれるのは直接マッサージを受けるしかありません。
私は休みが不定期ですし、数日前からの予約などが取れないので、出張先や地元でも駆け込みでマッサージを受けることが多いのですが、電話した時点で施術してくれる方の性別の確認を取ります。これはマッサージを受ける方の性格も大きく影響するのかもしれませんが、私は施術する方が女性の方だと、「力の加減はいかがですか?」と聞かれて「もう少し強くして欲しいな」と思っても、どうしても言えない時が多々あります。それが男性の場合だと、「もっと強くしてください」、「そこはもっと弱くていいです」と、気軽に言えちゃうことが不思議です。でも、場所によって強弱に対する注文が激しい私にとっては重要なポイントなのです。
もしも女性の方で、男性にマッサージを受けることに抵抗があって避けていた方がいたら、このような利点もあるのでぜひ一度は試していただきたいと思います。

ホームに戻る